Text Size :  A A A
|  Diary  |  Art Work  |  34Lines  |  LLAVE ?  |  Link  |
Img_c862e512abf1dcf08208e2420c7312ad
次女に作ってもらったアクセサリー
Img_97ad8f1355de04593f065b352d0eefc3
Img_a9000fa16950007d38a6d65829033327
2月の中旬に長女の引っ越しを手伝いに東京へ行き、
10日間ほぼ不眠不休で働き、
3月の中旬から4月のはじめにかけて、
次女の引っ越しと就職のための東京に行く準備で、
その間は目が回るほどの忙しさでした。

おまけに東京から帰って来て風邪をひいてしまい、
完治に1ヶ月以上かかった挙句、
咳のし過ぎで筋断裂にもみまわれ、
咳やくしゃみのたびにもんどり打ってました。

筋断裂てほんとに痛くて、
最初は肋骨が折れたのかと思ったほどでした。
寝返りも打てなくて...。
今もまだ痛みがあって、
完治には2〜3ヶ月かかるそうです。

辛い。

どちらの引っ越しも大変でしたが、
どちらも思い出になる時間を過ごせました。

親としては一段落です。

写真のアクセサリーは、
次女がこちらにいる間に作ってくれました。

3点共私のデザイン通りの仕上がりに、
大満足しています。
Img_4fc9befe59925b5f43bd5aa381563d88
Img_97b5b9030450eaec48c54966953ec045
スパーで半額のお菓子用ココナッツを発見!

卵と砂糖と少しの小麦粉で作るこのクッキーは、
中に入れる木の実が高いため材料費がかさみます。

そこで値下がりしているココナッツや、
アーモンドのスライスがある時は必ず買って作ります。

カリカリした食感もいいので、
みんなに好評も好評です。

作るのが簡単なのにオシャレなので、
ホワイトデーのお返しにもおすすめ。

失敗が無いので初心者も安心して作れます。

作るといえば、
下の娘が小学生の時、
バレンタインのチョコ作るの手伝わされたなぁ。

小学校でバレンタインデーが禁止になるまで、
何回か作ったわ〜。

今の小学校は禁止のままなのかしら?
Img_e66bda114b5a175a76dc020b62a50859
Img_6e4610b3e0682345660ea2786f421582
Img_3e17d3d9a0a3ae75473a9278bea1261e
明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

余りに長い間更新しなかったら、
写真のデーター保存の仕方を間違ってしまい、
載せたかった写真をダメにしてしまった...。

トホホ...。

情けない...。

そして今更ですが、
毎年、年の初めはおせちの写真ということで。

今年は娘達も居ないし、
おせちを「辞めようか...」と話していたのですが、
「筑前炊きぐらいはするわ」と私。
「黒豆は食べたいし炊くわ」と母。
「田作りも簡単やししよか」と私。
「クワイはお父さん欲しい言うわ」と母。

そう言う理由で今年もおせち作りました。

でも今年は手間のかかるお寿司は止めて、
オードブル形式にしたので随分と楽できました。

みんなの評判も上々だったので、
来年もこんな感じになりそうです。

お正月は父と母と私達夫婦だけで過ごしたので、
もの凄く恐ろしいほどにのんびりと過ごせました。

こんなお正月も楽しかったけど、
やっぱりお正月が静かなのは少々寂しいです。


Img_8ef10922d59cd3ac189fcd187cc6be2c
しいたけの肉詰め
久し振りの更新なのに、
載せた写真が「しいたけの肉詰め」

オシャレ感0ですいません。

50を過ぎいささか、
肉体的な劣化に悩まされております。

ここのところ病院の掛け持ちをしておりました。

そう言う理由で、
お菓子でも作品でも無く。
「しいたけの肉詰め」を、
載せる運びとなりました。

しいたけの肉詰めは、
合い挽きミンチに豆腐とおからを加え、
はちみつと醤油で下味を付けて、
片栗粉でしいたけとお肉を引っ付けて、
少し多めの油で焼きました。

食べる際にポン酢を掛けます。

豆腐とおからとはちみつで、
お肉が柔らかでジューシー、
体とお財布にやさしい一品です。 


病院通いも落ち着いたので、
そろそろお菓子でも作ろう。
Img_496903e258bb1ff600aa18d3c566e3b1
Img_59796bb30230249f751e1de531857123
収穫の秋なのに、
相次ぐ台風の襲来で、
農作物が大打撃。

野菜の価格高騰で、
買い物もひと苦労してます。

ほうれん草で白和えを作ったんですが、
ほうれん草が恐ろしく高い!!

自然の猛威の前では、
人間は何も出来ないのね。


白和えの具を多めに炊いて、
お寿司も作ることにしました。

秋のお寿司といえば、
やっぱりお稲荷さんでしょう。

なにせ稲荷大社は豊作の神様。

家族の人数が多いので、
兎に角沢山作りました。

気持ち良いくらい、
あっと言う間に無くなっくれました。